省エネ対策をすればコスト削減ができる|自社ビルを管理する方法

ウーマン

医院開業の準備作業

病院

医師がクリニックを開業する場合には、コンサルタントや医療機関向けの実績が多い設計事務所のサポートが役立つでしょう。患者を重視した建築プランを考えることが重要であり、工事費用の見積もりが丁寧な業者を活用するのが理想的です。

Read More

広い農地を無駄なく活かす

ソーラー発電

農業を営んでいる会社は、ソーラーシェアリングを導入するようになりました。作物が不作だった時のリスクマネジメントになると注目を集めたからです。そして、作物の日照が足りないと感じた時には、ソーラーパネルを傾ける仕組みが役立ちます。

Read More

少しの工夫で削減できる

レディ

手軽にできる企業のコスト削減の方法として、事務用品の節約が挙げられます。紙ではなく、資料管理はデータ化するなど、紙の無駄遣いを減らしましょう。また今のオフィスの賃料が高い場合には、オフィス移転を検討するのも1つの手です。

Read More

コスト削減のために

ビルの模型

ちょっとしたことで違う

自社ビルを所有している社長さんにとって、省エネは避けては通れない問題なので、さまざまな工夫をしておきたいものです。まずは自社ビルの清掃をしておくのが大切なのですが、中には業者に依頼すると費用がかかるので避けてしまいがちです。ところが、自社ビルのあちこちにある空調などや換気扇などは、フィルターにホコリや砂が詰まっていると、それだけで無駄な電力を使ってしまうので、省エネするならこまめに掃除をしておく方が良いのです。それから照明に関しても同様で、長く放置しているといろんなものが付着して暗くなりますが、きれいに磨いておけば一個で広く照らせるようになるため、照明の数を減らすことができて省エネになります。

プロに見てもらう

自分たちだけで自社ビルの省エネに取り組んだとしても、限界があるのは確かですから、そんな時は専門家に依頼してみるというのも良い方法です。ただ、どこに頼めば良いのかわからない場合は、インターネットで検索してみましょう。企業向けの省エネを請け負っている業者というのは結構たくさんあるため、ホームページを見て費用などを比較しておくのがおすすめです。特に、業者によって得意としている大きさというのがあるので、自社ビルに適したところに頼むのが失敗しないコツです。どうしても選べないのであれば、直接見に来てもらい、それぞれに省エネをする方法を聞いてみて、納得できるプランを提示してくれた業者と契約すると失敗が少ないです。