広い農地を無駄なく活かす|省エネ対策をすればコスト削減ができる|自社ビルを管理する方法

省エネ対策をすればコスト削減ができる|自社ビルを管理する方法

メンズ

広い農地を無駄なく活かす

ソーラー発電

広い土地を活用できる

農業を営んでいる会社は、運に左右されています。天候の影響を大きく受けて、農地の収穫物の量が変動するからです。だから、農業で利益を得ている会社は、リスクマネジメントを求めるようになりました。一時的な悪天候のリスクを避けられれば、利益が安定するからです。その結果、ソーラーシェアリングが注目されるようになりました。ソーラーシェアリングとは、農地の上に太陽光発電システムを導入するサービスです。まず、農地に支柱を設置していきます。支柱の用途はソーラーパネルを固定することです。農地が広いほど設置できるソーラーパネルの数が増えます。ソーラーシェアリングによって太陽光発電をすれば、大きな収入源になります。だから、多くの会社がソーラーシェアリングを支持しているのです。

パネルは自由に動かせる

ソーラーシェアリングは晴天が続くほど、大きな収入源になります。ソーラーパネルによる電力生成は、光が多いほど捗るからです。ただし、ソーラーパネルが活躍すると、作物の成長に悪影響を与えることがあります。日光がソーラーパネルに遮られて、作物の成長に悪影響を与えるからです。しかし、その問題はソーラーシェアリングを上手く扱うことで解決します。具体的にはソーラーパネルを必要に応じて動かすのです。作物の成長に必要な光の量は、一部の例外を除いて決まっています。作物に当たる光が足りない時には、ソーラーパネルを傾けるのです。ソーラーシェアリングで用いられる機器は、その機能を必ず備えています。動作方法は機器によって異なりますが、傾ける機能を備えているのは確かです。